教えを乞う

先日、京都から和菓子職人のお客様がお越しになられました。

私の職歴を正直にお話しして、私の作る小倉餡の焚き方で間違っていないか?聞いてみたところ、問題ないようでしたので安心致しました。

ついでに、「京都の老舗和菓子屋では花豆はどう焚くのですか?」と聴いたところ、「使っているお店は無いし、決まった焚き方は無い。」との事。

美味しい、花豆餡を焚く事が出来れば、信州オリジナルとしてお土産になりそうですね。

昨日より今日。今日より明日。もっと美味しく焚ける様にはどうしたら良いか?日々精進して参ります。

店主 拝

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。