生レバの真実

牛生レバー禁止を議論 厚労省の審議会がスタート2011.12.20 10:13

http://sankei.jp.msn.com/life/news/111220/trd11122010140004-n1.htm

獣医さんからの警告

(転載)

今年7月に、牛の”レバ刺し”は決して食べないように、このブログで忠告した。http://okaiken.blog.ocn.ne.jp/060607/2011/07/post_74e5.html

その心配が現実のものとなってしまった。肝臓内部組織から、出血性大腸菌O-157が検出されたのである。動物の内臓を、原始生で人は食べていたと、テレビのコメンテーターが知ったかぶりで、解説していた。

しかし、現代の家畜は全くこれと異なっている。正常で、屠場に搬入される肉牛の、半分以上の肝臓は廃棄されているのである。

大量の穀物を給与された、牛の第一胃はペラペラである。ホルモンで一胃は、ミノと呼ばれる、歯ごたえのある胃壁が特徴の臓器である。それが、草をほとんど与えずに急速に成長、肥育される牛の一胃は草の刺激がなく、ペラペラの薄いものになってしまう。

病理的にははっきりとしていないと思うが、こうした胃から病02原菌が直接肝臓に入り込むのでないかと、推察されている。左の写真は、私が死亡獣処理所で撮った写真である。褐色のところが、肝臓の正常な組織である。

そこに右下に黄色い塊が、膿である。肝膿瘍と呼ばれるものである。この牛は、別の病気で死亡したのであるが、肝臓組織は見た目には正常である。見慣れた写真で、珍しくはない。

日本ではこの肝臓は廃棄される。膿の多くは、化膿桿菌である。一見正常でも、過酷な飼養環境と経済効率を強いられる牛たちの、肝臓はボロボロである。

春に起きた、レバ刺しの事件では5人も死亡し241人もの重症者を出している。政府の出した指導は、表面に火を通すことであった。私は、今回肝臓組織内から大腸菌が検出されていることもあり、前回も表面感染だけではなかったと私は推察している。

決して、肝臓に限らず家畜の内臓を、”生”で食べようなどとは思わないよう、現場で長年仕事してきた獣医師として、忠告するしだいである。(転載終了)

 フォアグラが典型的ですが、動物(家畜)、魚などは症状を訴えられない。

健全な肉体に、健全な魂が宿り。負のエネルギーを持った食材を食べると、人間にも負のエネルギーが蓄えられるそうである。

俗に言う、肉食を主とする人種は、殺人犯罪率が高いと言われておりますが、あながち嘘ではないのでしょうね。

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。